自動売買運用ロジックの基本原理

自動売買運用ロジックの基本原理

自動売買運用ロジックの基本原理

【一般的EAの単一運用】

◆まず、EAは原則として単一ロジックで構成されているため、刻々変化し続ける市場動向に1ロジックで勝ち続けることは極めて難しいことは周知の通りです。

【一般的EAのポートフォリオ運用】

◆それゆえ、バックテストの良好なEAを単体運用、あるいは並列稼働でリスクヘッジするのが現在の一般的な運用手法です。
◆しかしながら、ロジックの今後の有効性が不明確な上に、並列運用の通算損益によっては収益面で逆効果も大きく懸念されるのが現状です。

弊社EAのマルチポートフォリオ運用では

なお、EAにて長期的かつ安定的に利益を上げるには、市場の変化に絶えず追従するロジックが必要です。
弊社では、下記の方策にてEAによる永続的な安定運用を実現しています。

◆ロジックの有効期間を定め、規定ポイントでロジックを補正しながらの直列運用が基本となります。
◆ロジック自体の補正手法はもちろん、ロジックを切り替えるタイミングも重要です。
◆更には、自己補正機能付きEA複数本を並列運用し、リスク分散を図ることで安全係数を高め、より信頼性の高い堅実運用が可能となります。

*
*
* (公開されません)